事業承継で日本の未来へカケハシを

事業承継

後継者不足の会社が60万社も?黒字廃業を防ぐ3つの解決策と対策

黒字廃業が増えている!60万社の後継者不在という危機

近年、日本の中小企業の現状を見ると、一つの注目すべき現象が浮かび上がってきます。

それは「黒字廃業」という言葉に代表される問題です。

黒字廃業とは、事業が利益を上げているのにもかかわらず、廃業を選択する現象を指します。

一見すると矛盾しているように感じるかもしれませんが、背景には「後継者不在」という深刻な問題が潜んでいます。

事実として、日本国内の中小企業の約60万社が後継者問題に直面していると言われています。

多くの場合、現在の経営者が高齢であり、後継者が見つからない、または後を継ぐ意志がないため、事業を継続することが難しいと判断して廃業を選択するケースが増えています。

黒字廃業の問題は、家族や個別の企業の問題だけでなく、地域経済や雇用の維持、さらには国の産業競争力にも大きな影響を及ぼす可能性があります。

後継者不在の危機に真摯に向き合い、持続可能な経済成長への道を探るための取り組みが今後ますます注目されています。

黒字廃業になる様々な理由

通常、廃業と聞くと経営難や赤字を想像するかもしれませんが、黒字であっても廃業を選択する背景には複数の理由が存在します。

後継者不在

最も一般的な理由の一つが後継者不在です。

特に家族経営の中小企業では、次代を担うべき後継者がいない、または後継者が経営に興味を持たない場合が増えています。

経営者が高齢化する中で、引き継ぎ先が見当たらなければ、廃業を選択するしかないというケースが増えています。

経営者の健康問題

経営者が急な健康問題に見舞われた場合、経営の継続が困難になることがあります。

特に単独経営や少数の経営陣で運営される企業では、その影響は深刻です。

業界の変化

企業が利益を上げている現在においても、将来の業界の展望が不透明な場合、経営者は先手を打って事業からの撤退を選ぶことがあります。

高齢化に伴うリスク回避

経営者は高齢に伴って、なるべくリスクを取ることを避け、安定した生活を求めてもおかしくありません。

黒字であっても、将来的なリスクを感じ取った場合、廃業を選ぶことが考えられます。

資産の最適化

企業が所有する不動産やその他の資産が、事業を続けるよりも売却してしまった方が経済的な利益が大きい場合、廃業を選択することもあります。

事業の方向性の再考

ある程度の利益を上げているものの、経営者自身の価値観や事業に対する情熱が変わった場合、新たな挑戦を求めて現在の事業を廃業することがあります。

黒字廃業は、表面的には矛盾するように見える現象ですが、多様な背景や経営者の意向が影響しています。

黒字廃業するときに懸念される影響

黒字廃業を選ぶことには多くの懸念点や、その後への影響が潜んでいます。

以下に、黒字廃業が引き起こす可能性のある3つの問題点を詳述します。

働いている従業員や地域への問題

従業員は企業の資産の一つです。

突然、廃業の選択を取ってしまうと、従業員の生計やキャリアプランに悪い影響を与えてしまうかもしれません。

また、突然の廃業のニュースがあると、地域内の方々に不安や懸念が引き起こされる可能性もあります。

お客様、仕入れ先などのお取引先の問題

廃業は、取引先や顧客に不安や疑問を抱かせることが一般的です。

長年にわたり築いてきた取引関係や信用が失われてしまう可能性もあります。

また、企業が市場から去ると、その市場に空白が生じる可能性があります。

地域と関係の無い競合他社に参入機会ができるという懸念もあります。

会社資産の問題

黒字廃業の際、急な資産売却が必要になることが多いです。

これにより、資産の適切な評価を受けず、低価格での売却を余儀なくされる可能性があります。

黒字廃業を選択しなければならない背後には、さまざまなご事情がありますが、これらのポイントを考慮しながら、可能な限りの選択肢や対策を検討して頂けますと最愛です。

黒字廃業を避ける3つの対策

廃業を回避し、企業を継続的に維持・成長させるための3つの対策を以下に示します。

親族への引継ぎの打診

後継者の問題は突如として発生するものではありません。

経営者は早い段階から、家族内での後継者を見つけ、教育や育成を進めて頂けましたら幸いです。

企業の理念やビジョンを親族と共有することで、引き継ぐ意欲を育てることができます。

実際の経営経験を持たない親族に対して、経営に関するノウハウや知識を段階的に伝え、実際の経営に参画させることも効果的です。

従業員への引継ぎ

従業員の中から次期経営者を見つけ、経営に関する教育やトレーニングを提供することで、企業の文化や価値を継続的に受け継ぐことが可能となります。

経営に関する意思決定や戦略立案の段階から従業員を巻き込むことで、経営への興味や意識を高めることができます。

会社を売却や事業の譲渡

企業の資産や事業の価値を正確に評価し、適切な条件での売却を検討することが重要です。

事業の譲渡を検討する場合、企業の文化や価値観に合致するパートナーを選ぶことで、事業の継続性を確保することができます。

企業の売却や事業の譲渡が決まった場合、移行期間を設け、従業員や取引先との関係を円滑に移行するための対策を講じる必要があります。

これらの対策を通じて、黒字廃業を回避し、企業の長期的な成長と継続性を確保することが期待できます。

まとめ|早目の事業承継対策で黒字廃業を回避

そこで、早期の事業承継対策の重要性と、それによる黒字廃業の回避方法についてまとめます。

事業の継続性を保つためには、早期からの後継者育成や引継ぎ計画が必要です。

資産、顧客、および従業員の安定を保ち、会社の価値を維持するためのステップを計画することが重要です。

親族への引き継ぎや、従業員への引き継ぎ、さらには会社の売却や事業の譲渡など、状況やニーズに応じて様々な選択肢が存在します。

各選択肢にはそれぞれのメリットやデメリットがあるため、じっくり時間をかけてご検討ください。

\お電話による無料相談/
相談のお申込はこちらから

RELATED

PAGE TOP

相談員が親身にサポート!
\無料電話相談/

詳しくはこちら