事業承継で日本の未来へカケハシを

事業承継

社長を交代する場合の代表取締役変更手続きの進め方。必要書類や費用は?

企業の舵取り役である社長が交代する際、それは単にトップの顔が変わるだけでなく、多くの手続きや調整が伴います。特に、正式な代表取締役の変更は、法的手続きを要する重要なステップとなります。

この記事では、社長交代時の代表取締役変更手続きの具体的な進め方をわかりやすく解説します。手続きの流れや必要な書類、注意点など、初めての方でもスムーズに進められるようにガイドします。

社長交代を検討している企業の方、新たに代表取締役として就任される方への参考として、ぜひ最後までお読みください。

①まず、新たな代表取締役の選任をしましょう

まずは社内で代表取締役を選任する必要があります。
選任の方法は、会社が取締役会を持っているかどうかで変わります。

取締役会を持つ会社の場合

取締役会が存在する会社では、取締役会での決議を通じて新しい代表取締役が選ばれます。代表取締役は、通常、社長の役割を果たしますが、場合によっては会長や取締役執行役員がその役割を担うこともあります。大手企業では、事業の性質に応じて複数の代表取締役を設置することが一般的です。

取締役会を持たない会社の場合

取締役会がない会社では、以下の方法で新しいリーダーを選出します。

株主総会で決議
取締役同士の協議(互選)
定款に基づく指名
全取締役を代表取締役とする

特に中小企業やオーナー企業では、取締役が1人の場合、その人が自動的に社長となることが多いです。複数の取締役がいる場合、取締役同士で話し合い、社長を選ぶことが一般的です。このようなルールは、会社の「定款」という規定に明記しておくことで、将来のトラブルを避けることができます。

定款や就業規則の変更が必要な場合も

社長の交代に伴い、定款や就業規則の更新が必要な場合があります。例えば、定款に「新しい代表取締役や社長を選出する際には定款を更新する」という条項がある場合、その手続きが必要となります。また、就業規則に労働組合代表者と社長の名前が記載されている場合、新しい社長の名前に更新する必要があります。

②法務局へ代表取締役変更内容を登記しましょう

代表取締役が変わった後、その情報を正式に公示するためには、法務局での変更登記が不可欠です。この手続きを完了すると、新しい登記簿が発行されます。変更後、2週間以内にこの手続きを行うことが求められるので、迅速な対応が必要です。

代表取締役の変更登記に必要な書類は?

法務局に提出するための書類は以下となります。

変更登記申請書:会社の基本情報や役員の変更内容を記載する書類。
退任届:前任の社長が正式に退任することを示す書類。
就任承諾届:新しい社長がその役職を受け入れることを示す書類。
社印届出書:新しい社長の印鑑を登録するための書類。
印鑑証明書:旧社長、新社長、手続きを行う取締役の印鑑を証明する書類。
取締役会・株主総会議事録:新しい社長の選出が正式に決定されたことを示す議事録。
株主リスト:会社の株主に関する情報をリスト化した書類です。

これらの書類は、法務局での手続きをスムーズに進めるために必要です。

代表取締役の変更登記に必要な費用は?

代表取締役の変更を登記する際には、登録免許税が必要です。具体的には、資本金が1億円以上の場合は3万円、1億円未満の場合は1万円が納税の対象となります。さらに、書類の作成を司法書士などの専門家に依頼する場合、そのサービス料も考慮する必要があります。

③税務署・年金事務所・法人口座(クレカ)の手続き

税務署での代表者変更の手続き

法務局での変更登記が完了し、新しい登記簿を受け取ったら、さっそく各行政機関での手続きを開始しましょう。

提出先:

国税:税務署への届け出
都道府県民税:都道府県の税務事務所への届け出
市町村税:各市町村の役場への届け出(但し、東京23区は特別区の届け出は不要)

提出書類:

異動届(提出先によって書式が異なりますのでご注意下さい)
消費税異動届出書(税務署のみ)
新しい登記簿謄本(コピー可)

社会保険関連の手続き

健康保険や公的年金の手続きも忘れずに行いましょう。

提出先:

協会けんぽ加入の会社:年金事務所への届け出
健康保険組合加入の会社:健康保険組合や年金事務所への届け出

提出書類:

健康保険・厚生年金保険事業所関係変更(訂正)届

法人口座、クレジットカードの手続き

会社が取引を行っている銀行やクレジットカード、その他の金融機関においても、代表者の名義変更手続きが必要です。代表者が変わることで、取引に影響が出ることもあるため、迅速な対応が求められます。

④契約や対外的な信用に関わるものの手続き

保険・共催等の各種契約

代表取締役の変更に伴い、金融機関からの融資、保険、共済等の契約にも影響が出る場合があります。各団体や契約の内容を確認し、必要に応じて届け出を行いましょう。

対外的に使用しているもの(会社ホームページ・名刺など)

代表取締役の名前の変更は、社内の資料や書類にも大きな影響を与えます。
多くの企業が代表者の情報を公式サイトに掲載しています。新しい代表者の情報をタイムリーに更新することで、外部の関係者や顧客に対して正確な情報を提供することができます。

契約書・請求書・見積書・発注書

これらの取引関連の書類に社長の名前が記載されている場合には、新しい代表者の名前に変更することが必要です。変更があった場合、関連する取引先にも情報を伝え、誤解を避けるよう努めましょう。

多くの書類や資料の名前の変更が必要な場合、全ての変更を追跡するのは難しいことがあります。そこで、変更作業の進捗を一覧できるチェックリストを作成することをおすすめします。これにより、変更の漏れを防ぎ、効率的に作業を進めることができます。

まとめ

社長の交代は、企業の新たなスタートを意味する大きな節目です。その際の代表取締役変更手続きは、単なる形式的なものではなく、企業の正式な運営や外部との信頼関係を築く上での重要なステップとなります。この記事を通じて、その手続きの流れや注意点を理解していただけたら幸いです。最後に、手続きは煩雑に感じるかもしれませんが、正確に、そして迅速に進めることで、新しい風を迎え入れる準備が整います。新たな時代を迎える企業の未来が、より明るく、成功に満ち溢れるものとなることを心より願っています。

\お電話による無料相談/
相談のお申込はこちらから

RELATED

PAGE TOP

相談員が親身にサポート!
\無料電話相談/

詳しくはこちら